密 告 研 究

こちらは、皆様からの『業の深いヒト』、『変な物品』の投稿コーナーです。ふるってご参加ください。
ワタシの独断で評価し、点をつけさせていただきました。得点に不服の方は、賄賂や買収を申し受けます。





■投稿その8(投稿者:東京都 Uさん)

この前バスの中で、たいやきを口に2〜3個くわえた 中国人系の人に、「阪神タイガース好きですか?」と いきなし言われました!
野球なんて見ないので、「野球見ません」と即答しておきました。
そしたら、「ボクはこの選手が好きなんです」って スポ日を出して来て、見せられました。 バス降りるまでの10分くらい、ずっと阪神タイガースの○○さんの すばらしさについて語られちゃいましたよ〜。 なんか私ってそんな人ばっかりと遭遇しちゃうのはどうしてなんでしょうか?

◆席亭コメント:わが幼少のみぎりに、変態っぽいオジサンにラジカセで延々と音楽を聴かされ、最後にはオジサン自身のハーモニカ演奏を披露されたことを思い出しました。ちなみにワタクシも野球は見ない、というか、ルールすら満足に知らない身の上です。

得点 ★★




■投稿その7(投稿者:**県 tantanさん)

今年の2月、自分の乗った自転車(ロードレーサー←競技用の自転車)と原付自転車の接触事故を起こしてしまいました。
※原因は相手の前方不注意。事故の結果、自転車は全損、自分は頚椎捻挫になりました。

その後、事故相手が入っている任意保険屋との話し合いで、物損(自分のロードレーサー)については事故相手(正確には保険屋)が全額賠償することになりました。一方、人身の賠償については、保険屋との話し合いでは決着がつきませんでした。

その後、インターネットでいろいろ調べたところ、「交通事故紛争処理センター」なる存在を知ることになりました。この「交通事故紛争処理センター」についてですが、簡単に述べますと、保険屋と事故被害者との間にセンターより嘱託された弁護士が入ることにより、この調停員となる弁護士が保険屋と個人被害者の間の示談の斡旋・調停を行うというものです。そこで、わたしもさっそくこの交通事故紛争処理センターに示談の斡旋をお願いする事にしました。

このとき、私の事故において調停員となった弁護士が、増田勝久弁護士です。この増田弁護士、本来なら両者の言い分を聞いた上で示談の斡旋をおこなわなければならないところ私の言い分などまったく聞くようなことはありませんでした。それどころか、調停員の役割すら放棄しそうな勢いでした。

増田弁護士のやり方にあまりにも腹が立ったため、グーグルにて「増田勝久 弁護士 大阪」で検索したところ小柳カヲル様のHPの「因業研究」にたどり着いた次第であります。「因業研究」を読んで、
「やっぱり増田弁護士は・・・・(唖然)」となった次第であります。

◆席亭コメント:弱者の味方であるはずの弁護士が、このような体たらくでは法治国家としての未来を憂います。とりあえず、増田勝久はキャバクラとかで、いちばん嫌われる客のタイプではないでしょうか?

得点 ★★★




■投稿その6(投稿者:△▼県 フリーター男、25歳さん)

1、白色吐息

残業がえり、かなり満員気味な電車内。ぎゅーっと押されて流され、サワヤカそうなサラリーマンの真後ろにおちついて、すこしホッとし、顔をあげると、そのサラリーマンが携帯メールをうってたんです。
みてはいけないとおもいつつ、真後ろキープだったので、どうしてもそのメールが見えてしまい、、ふと、ちら見してると、「厳しいですなあ」と、うちはじめたのです。一瞬「マジメだな、、携帯でも仕事メールかよ?」と思いきや、なにやらサクサクうちはじめ、ふとその文を見直そうとしてるのか、そのサラリーマンがじっと携帯を見つめ、と同時にオレも追加されたその文章を見直すと「厳しいですなあ。****(途中判読できず)***モノは口から早く出した方がいいでしょう。***(途中判読できず)**確実にケツ切れしています。それでは、***、。ぬっぴょ〜〜ん(←???意味不明な結び)
目を疑いました!!仮にもその人、どっちかっていうと、スカッとサワヤカな少し2枚目なサラリーマンなんですよ!!で、その文をまたすこし言い回し変え書き直して実行を押されたので送信したのか、と思いきや、、なんとBBSへの書き込みだったんです!
投稿者「白色吐息」
確認画面を眺め、投稿、BBSに載った自分の文章を嬉しげによむサラリーマン、、、、=_=、、、、思わずDピールに励まされました、、、ゲッハイ!

============================================================

2、アルバローサ

これも電車での出来事です。がらりと空いた電車内。席にすわってると、さっき隣にすわってきたオッサンがなにやら急に携帯メールをやりはじめたんです。で、あまりに夢中にうってるので、ふとつい横目でのぞくと、なにやら待ち合わせの内容。送信すると、また直ぐリターンメールがくるすばやいレスのやりとり、、そのうちふと届いたメールの内容がちらりと見え、、
「キャッピー☆☆***の19才、○○デス☆えっとぉ、▽▲さんはカッコイイんですか?◎☆*メールもらえてスッゴクウレシイです☆」
。。。。。出会い系かよ。。。汗
で、そのメールをまじまじウレシそうに眺めながらいそいそとリターンを打つオヤジ、、、
「今、どこにいる?会いたい、、、」
「◎○だけど、、**だけど?」
「千鳥が淵の○○ホテルの駐車場のあたりで、会おう。待ってる、、」
「えー、アタシもすごくウレシイ、、☆」

みたいな、カンジで、、、あの仮にも、50近くのむっさいオヤジです。。。。
そんで満足したのか、待ちうけ画面に戻すと、なんとその待ち受けが女子高生に人気のアルバローサのロゴだったんですよ!オヤジ!
なんかそのオヤジの携帯の中のバーチャルなオヤジ像がどんなだか想像してみました、、、=_=

◆席亭コメント:電車内で臨席のヒトが何やってるか、すごく気になるのはオレだけじゃないはず。
堂々とスポーツ新聞のエロ欄やエロ小説読んでるオヤジ諸氏には、敬服いたします。オレもこれからメール画面にも注意を払いたいと思いました。

得点 ★★★




■投稿その5(投稿者:東京都 ろじさん)

私の住む町の商店街のどんづまり、高架線の少し手前に小さな中古レコード店を見つけました。 ジャーマンロックのアナログでもないかと思い、店内に入りかけると、入り口付近にはり紙がありました。
「アルバイト募集 音楽と酒を愛する女性の方」
それ見たら、なんとなく入店できませんでした・・・。
それから1年後、再びそのお店の前を通りかかったのですが、そこ、見事にツブレてましたね〜。
レア盤売っていたのかということより、店長のおもわくどおりの女性アルバイトは見つかったのか、が今でも気になっています。

◆席亭コメント:職場結婚というのは一般的な展開かと思いますが、そう言った状況を自分から作るというのも、ある意味ポジティヴなのかもしれません。
余談ですが社内恋愛の極意は、周りに知られないように...って事でしょうか。

得点 ★★★




■投稿その4(投稿者:?県 くろしるさん)

自己啓発系のマルチにひっかかてしまいました。

中学校の同級生から「社会人サークルに入ってるんだけど、教えていただいてる人が凄いんだよ。」とのたまわれ、「胡散くせーな」と思いながらも折りに触れてその事を口に出す友人。私は彼が「お前もやろうよ」という一言を口に出せないことに業を煮やして、「そこに興味があるんだけど見学できるかな」と切り出した。「興味があるなら」と控えめな反応の彼は私を新宿へ呼び出し、とあるビルでその「スゴイ人」とコンタクトをとることになった。「その方(”方”だってよ、おい)はとてもマナーに厳しいので、失礼のないように」と釘を刺され、良識ある私はマナー良くその方と対面した。

とても丁寧な挨拶を交わしソツなく振る舞う私だが、その方はとっても横柄「君には一般の23歳に比べて人とのコミュニケーション能力が著しく劣っている。僕には分かるんだよ。」などとほざきなさるではありませんか。でも何故か「仰せのとうりです」と思ってしまうんだもの、あら不思議。「君には武器が必要だ。月々1万円を47回自分に投資すれば君は人をまとめることが出来る、人を動かすことが出来る、そして人の上に立つことが出来るんだ。山の手線にのってるさえないオジサンを見てご覧よ、あの人たちはああなりたくてなったんじゃないよ、オジサンが君くらいのときには君と同じように夢を持っていたんだ。じゃ何故ああなったのか?何もしなかったんだよ。車とか遊びにお金を使ったって何にも残らないんだ。20代のときにすべき事はそんなことじゃなくて、如何に自分に投資して自分を磨くかって事なんだ。これから一緒に頑張ろうよ!!」かたい握手を氏と交わして私は「キターッ!!これだこれだこれだ!!いま自分がすべき事はこれなんだ!!」と一気に意気高揚してしまう。友人(←カス)とも別れ際にかたい握手を交わして私は新宿を後にした。

翌朝、「スゴイ氏」に電話をいれ「今日が始まりの朝だよ。共に頑張っていこう」と激励のお言葉を頂く。
…しかし不安が二点。一つは私がワザワザ仕事を抜けてきたにも拘わらず終電近くまで取調室ばりのお部屋に軟禁しやがったこと(その時はまったく気づかなかった)もう一つはその一万円が月謝ではなくあくまで「月割りの金額」であったこと。言い換えればローンを組んでくださいということ。私はローンを組んで買い物をしたことがないので後者が気になって仕方がなかった。何より私はローンが嫌いなのだ。不安な私はGoogleで株式会社○ディウスとひっぱると
…出るわ出るわ、Goooooooooooooooooogleくらいはでたかな。イヤな予感は見事に的中した。私が仰せつかった当日の持ち物は「印鑑、キャッシュカード」「キタキターッ!!ヤロー嵌めやがったな!!」すぐさま私は友人(以下カス)に打電、

>さよなら○野君2ちゃんねる観て気が変わりました。
>○ディウスに入るのはやっぱりやめます。げんきでね くろ
原文ママ

◆席亭コメント:「オレには夢がある!」なんて切り出し方で語られるオイシイ話ってのは、たいがい「相手にとってオイシイ話」だったりします。旨味を吸われなかったゆえ、こちらの体験は「ちょっとイイ話」ですね。
オレも欲しくもないラッセンの原画を売り付けられそうになったことがあったりして…(恥部)。

得点 ★★☆




■投稿その3(投稿者:?県 □■さん)文章再構成:小柳カヲル

カヲルさんはじめまして。<中略>こちらのサイトの『ネット上のヒトたち』(『因業研究』参照)に書かれているのは誰だろうなーと思っていましたが、「幹てつや賞」で誰か分りました(席亭註:この後、確認しました)
実は私、この人と直接会ったことがあります。
彼女とはあるオフ会で同席しました。彼女は他人に気を使わせても、何にも感じないタイプです。それに人を見下したような言い方をしたり、「◯◯大学なんです」とか聞いてもいない自慢をよくしていました。ネットでの知り合いの多さも自慢していたようですが、同性の人たちからはすごい煙たがられていました。
こちらのサイトで取り上げられて、ああやっぱりなーと思いました。現在私は、彼女とのつきあいはありません。
最後になりましたが、彼女はマイブラッディーバレンタインの大ファンのようです。
カヲルさんの研究のお役にたてたでしょうか?

◆席亭コメント:吉田栄作、W浅野、ティラミス、あぶない刑事、ナテデココ、マイ・ブラディ・ヴァレンタイン…。

得点 ★




■投稿その2(投稿者:神奈川県 あろまさん)文章再構成:小柳カヲル

私が東急東横線の電車に乗っていた時、車椅子に乗ったババアが駅員の介助を受けながら乗車してきました。そのババアはすごいけんまくで駅員に「もっとちゃんと押せ!」、「おまえ何年駅員やってるんだ!」とか「小田急の方がサービスよかったぞ!」などと怒鳴りちらしていました。
そのうえババアの乗車に手こずって、発車が遅れてしまい、同乗の人たちはなおさらイライラしだしました。けっこう満員だった電車にはババアの車椅子はじゃまになりましたが、ババアはそんなことはお構い無しに乗客にあたり始め、「私は大変なんだけど、イッショーケンメーがんばってんだから!」などと、自分勝手なことを言い出しました。私は心の底から不愉快になり、渋谷で降りたババアを追跡することにしました。

人ごみを押し分け、我が物顔でババアの車椅子はスクランブル交差点を渡って行き、センター街に向かったのです。なんと着くやいなや、このババアはイラン人から偽造テレカ(10枚1000円)を買っていました!

◆席亭コメント:典型的な『福祉乞食』ですね。お見事!

得点 ★★★☆




■投稿その1(投稿者:群馬県 Nジョウさん)

20世紀最後のオリンピックが行われた年に、とあるリンゴ屋さんで男の子が産まれました。名前をシドニーとつけました。漢字は「支度兄」と書くそうです。ネタに使ってください。どんな子か見てきます。

◆席亭コメント:田中角栄の全盛期に生まれた男の子が「角栄」と名付けられ、ロッキード事件以降いじめにあったそうです。それに、現在15〜16歳の女の子に「明菜」って娘がいるみたいだけど、イイ話です

得点 ★★





皆様からの投稿をお待ちしております。文章はメールにてご送付願います。また投稿していただいた文章に、若干の手直しを加える場合がございますので、あらかじめご了承ください。
(内容によっては、掲載できない場合もございます)

投稿する?

献立にもどる